本研究の目的

本研究会の目的は、植物の環境ストレス耐性や病害抵抗性を活性化するバイオスティミュラント(BS資材・生物刺激剤・生物活力剤) の機能について科学的な根拠をあたえるための議論を深め、分野を超えた研究ネットワークを形成することで、バイオスティミュラントに関するオープンイノベーションを促進することです。


お知らせ

  • 第8回生物刺激制御研究会(2024年3月 11日 13:00~Zoomウェビナー)のご案内

    3月11日(月)13:00より第8回生物刺激制御研究会を開催いたします。 (12:30ごろからウェビナーが開く…

  • 第7回生物刺激制御研究会(2023年9月21日 13:30~Zoomウェビナー)のご案内

    9月21日(木)13:30より第7回生物刺激制御研究会を開催いたします。 (13:00ごろからウェビナーが開く…

  • 第6回生物刺激制御研究会(2023年3月8日 14:00~Zoomウェビナー)のご案内

    3月8日14:00より 第6回生物刺激制御研究会を開催いたします。 (13:30ごろからウェビナーが開く予定で…

  • 第5回生物刺激制御研究会(2022年8月26日 13:30~Zoomウェビナー)のご案内

    2022年8月26日 13:30~第5回生物刺激制御研究会を開催いたします。 皆様のご参加を心よりお待ちしてお…

  • 第4回生物刺激制御研究会 設立1周年記念セミナー を開催いたしました。

    340名の方にご視聴いただきました。たくさんのご参加有難うございました。

  • 第4回生物刺激制御研究会 設立1周年記念セミナー

    2022年3月4日(金)13:30〜15:30zoomウェビナー 参加登録は、こちらからお願いたします。 (発…

過去のお知らせ